皮膚病予防も犬にとって大事

いつまでも元気でいたい、犬との暮らしの閲覧ありがとう!本当の犬の薬のセレクト方法をお伝えします!これさえ知っておけば、都合の悪い犬の薬を買って後悔する悩みはありません。 - 皮膚病予防も犬にとって大事

いつまでも元気でいたい、犬との暮らし

皮膚病予防も犬にとって大事

犬の特徴の一つに毛に覆われていることがあります。実に当たり前のことですが、夏になると、非常に苦しそうに見えます。発汗が鼻と肉球だけであり、人と大いに異なります。そんな毛に覆われていることが、健康においても、大いに関係します。それが皮膚病になります。

皮膚病の兆候とは

皮膚病の兆候としては、しきりに足でかき始めることです。もっとも、換毛期になれば、毛の抜け代わりで、掻く動作が多くなることがあります。しかし、皮膚病の場合、明らかにおかしな感じがし、見分け方として、目立つようなはげ方になるかどうかでしょう。原因としては、ノミやダニであり、散歩などで感染します。また、犬であるのに、多くがネコノミが原因で皮膚病になります。したがって、猫も一緒に飼っている人は、犬と猫との接触に気をつけるべきでしょう。しかし、今では猫の完全室内飼いをしている人も多くなっています。室内であれば、皮膚病になる可能性が低くなります。そうは言っても、万一のために、対処することが大事でしょう。

薬を貼付するのが一般的

では、皮膚病対策には、どのようなものがあるのでしょうか?これは、薬の貼付になります。決して、難しいものではなく、スポイト状の薬を数滴垂らすのみです。動物病院で行ってもらうこともできますが、飼い主でも十分可能なことです。有名な薬として、フロントラインがあります。ノミやダニが発生しやすいのが、春から夏にかけてであり、狂犬病やフィラリア対策と同時に行うことができます。犬種によっては、皮膚病に罹患しやすくなっています。日本犬の場合、罹患しやすい犬種に含まれています。とりわけ、柴犬は非常に人気の高い日本犬ですので、柴犬を飼うのであれば、皮膚病予防も考慮すべきでしょう。

なお、先述しているフロントラインは、動物病院で入手することができますが、市販もされています。今では、ネットショップから購入することもできます。しかし、自分で入手する際も、事前に獣医師に相談した方が無難です。自己判断を避けることも、犬の健康には大切なことでしょう。

いつまでも元気でいたい、犬との暮らしTOPへ