犬の散歩で注意すべきこと

いつまでも元気でいたい、犬との暮らしの閲覧ありがとう!本当の犬の薬のセレクト方法をお伝えします!これさえ知っておけば、都合の悪い犬の薬を買って後悔する悩みはありません。 - 犬の散歩で注意すべきこと

いつまでも元気でいたい、犬との暮らし

犬の散歩で注意すべきこと

犬の健康にとって、散歩は大切なことです。運動不足やストレス解消になり、飼い主もまた、楽しめるものです。しかし、楽しいからと言って、不注意であることは、犬の健康を損ねてしまうことがあります。

雑草を食べさせないようにする

一般的に、高齢犬でなければ、喜んで散歩に行くのが犬でしょう。いつものことでありながらも、大いにはしゃいでしまい、しかも、好奇心旺盛となります。その延長で、雑草を食べてしまう犬もいます。緑黄色野菜が大事だから、とそのまま放置している人もいるかもしれません。しかし、犬とっては、あまり良くない言われています。したがって、犬が雑草を食べようとしていれば、すぐにとめさせるべきです。

内臓を傷めてしまう危険性がある

では、なぜ雑草を食べてはいけないのでしょうか?それは、雑草を食べることで、嘔吐の回数が増えるからです。そうして、結果的に内臓を傷めてしまい、犬にとってはメリットがなくなるからです。どうして雑草を食べるのかは、明らかになっていないようですが、とりわけ、先の細い雑草を好むようです。そうして、嘔吐しては、また食べるの繰り返しをするようです。元々犬は、オオカミの性質を引き継いでいると言われ、食べ物がなくなると、胃の中のものを吐き、それを空腹の癒しにする傾向があります。それと関係があるのかもしれません。しかし、繰り返すようですが、嘔吐を繰り返すと、あまり健康に良くないため、雑草を食べさせないようにするのが、飼い主として、肝に銘じておくべきでしょう。

なお、雑草は食べなくても、時に嘔吐することがあります。繰り返し行い、苦しそうな感じがあれば、すぐに獣医に診察してもらうべきでしょう。しかし、元気な状態で、しかも、よく食べ、よく運動するのであれば、問題ないようです。これこそ、先述したオオカミの性質を引き継いでいるからのようです。また、猫も嘔吐する動物でもあります。犬とは違って単独動物ですが、やはり、空腹を癒すための手段と考えることもできるでしょう。これもまた、野生の特性を引き継いだ、人にお馴染みのペットの共通点かもしれません。

いつまでも元気でいたい、犬との暮らしTOPへ