いつまでも元気でいたい、犬との暮らし

いつまでも元気でいたい、犬との暮らしの閲覧ありがとう!本当の犬の薬のセレクト方法をお伝えします!これさえ知っておけば、都合の悪い犬の薬を買って後悔する悩みはありません。 - 知っておきたい、犬と健康の話(フィラリア予防)

知っておきたい、犬と健康の話(フィラリア予防)

ペットブームペットブームと言われながら、久しく時が経っています。

すでにペットの家族化が進み、わが子のようにかわいがっている人がいることでしょう。とりわけ、犬に関しては、お馴染みのペットであり、独身の身であっても、ワンルームで犬と同居している人が、数多くいるかもしれません。

しかし、人にも寿命があれば、犬にも寿命があります。

いずれは、別れ別れになってしまいます。

だからこそ、できるだけ健康であり続けて欲しいと思うのが、一般的な飼い主の気持ちではないでしょうか?では、どのようにすれば、犬の健康を維持できるのでしょか?

予防接種を忘れない

犬にとって怖い病気まず、犬にとって怖い病気があります。
代表的なものが狂犬病です。

これは人畜共通病とも言われ、人にも感染します。

日本国内では、何十年も発症していないといわれていますが、海外では、今でも狂犬病に罹患することもあります。

このため、日本国内で犬を飼うのであれば、狂犬病予防接種が義務化されています。

また、フィラリア症も代表的な病気です。
蚊を媒介にし、犬に感染する病気であり、血管内でフィラリアの幼虫が生まれ、成虫になると心臓にまで達する病気です。
犬特有の病気であるため、予防接種が義務化されていませんが、健康維持のためにも、ほとんど義務に近い予防接種と言えます。

さらに、ジステンパーやレフトスピラ症などがあり、混合ワクチンとして、任意の予防接種が可能となっています。
フィラリア 薬でしっかり予防してください。

楽しい散歩も気をつける

犬の健康また、犬の健康といえば、散歩を挙げることができます。

犬との生活といえば、散歩が連想され、飼い主の中には、自分が楽しんでいる人もいるかもしれません。
しかし、楽しい散歩でも、気をつけるべきことがあります。

たとえば、野原などで遊ぶと、ノミやダニに感染する危険性があります。

予防薬として、フロントラインが有名であり、動物病院で入手することもできます。

あるいは、犬が散歩中に草を食べることも、注意が必要です。
緑黄色野菜は大事だ、と言って、食べさせたままにしておくと、嘔吐を繰り返すようになり、内臓を傷めることになります。

上記のように、犬の飼い主であれば、十分気をつけるべき点があります。

お馴染みのペットとして猫がいますが、猫の良さはあまり面倒を掛けずに飼えることです。
もちろん、猫には猫特有の予防接種などがありますが、単独動物であり、飼い主との関係は、パートナーに近いものでしょう。
しかし、犬は集団動物であり、群れを好みます。

飼い主との主従関係が重要であり、言ってしまえば、面倒を掛けるのが犬の良さでもあります。

もし上で述べたことが面倒であり、自分ではしたくないということであれば、犬を飼わない方がベストでしょう。
面倒を掛けるからこそ、飼い主としての喜びもあります。

しかも、それは犬の健康にも関係します。

ここでお話することで、少しでもお役に立てれば、とも思っています。

犬の薬 個人輸入

新着情報

◆2016/11/29
知っておきたい、犬と健康の話(フィラリア予防)の情報を更新しました。
◆2016/08/18
犬の散歩で注意すべきことを新規投稿しました。
◆2016/08/18
皮膚病予防も犬にとって大事を新規投稿しました。
◆2016/08/18
任意であっても大事な混合ワクチンを新規投稿しました。
◆2016/08/18
ほとんど義務に近いフィラリア症予防を新規投稿しました。